2022年9月29日木曜日

220927_根室市東梅自然学習林・春国岱湾

 【根室市 東梅自然学習林・春国岱湾で見られた野鳥】

<2022/9/27現在>

東梅自然学習林では、ミヤマカケスがよく見られました。
春国岱湾には、カモ類が多く渡ってきていました。

ミヤマカケス <Eurasian Jay>

カモの群れ

ヒドリガモ <Eurasian Wigeon>

キタキツネ <Ezo Red Fox>

アオサギ <Grey Heron>

ヒドリガモ
オナガガモ
キジバト
アオバト
ウミウ
ダイサギ
アオサギ
キョウジョシギ
ウミネコ
オオセグロカモメ
トビ
オジロワシ
コゲラ
アカゲラ
ミヤマカケス
ハシブトガラ
ヒガラ
シジュウカラ
ヒヨドリ
ゴジュウカラ
ハクセキレイ
タヒバリ
カワラヒワ
アオジ
ミヤマカケス <Eurasian Jay>

春国岱 <Shunkunitai>

カモの群れ


2022年9月15日木曜日

220915_根室市新酪道路

 【根室市新酪道路で見られた野鳥】

<2022/9/15現在>

二番草が刈り終わった牧草地にヒシクイが渡ってきていました。
最初に見つけたポイントで車が故障し、そのほか周辺は確認できませんでした。
もっと渡ってきているものと思います。

ヒシクイ 47羽

ヒシクイ <Bean Goose>

ヒシクイ <Bean Goose>




2022年8月17日水曜日

220814_温根沼

 【温根沼で見られた主な野鳥】

<2022/8/14現在>

干潮の干潟でシギ・チドリ類が見られました。

タンチョウとシギチドリ類
<Red‐crowned Crane>

ソリハシシギ・キアシシギ
<Terek Sandpiper/Grey-tailed Tattler>

キアシシギ・メダイチドリ・トウネン

キョウジョシギ <Ruddy Turnstone>

オジロワシ <White-tailed Eagle>

タンチョウ
<Red-crowned Crane>


アオサギ
タンチョウ
メダイチドリ  48
キアシシギ   38
ソリハシシギ  1
キョウジョシギ 9
トウネン    11
ウミネコ
トビ
オジロワシ

アオサギ・タンチョウ
<Grey Heron/Red-crowned Crane>

キアシシギ <Grey-tailed Tattler>

キアシシギ <Grey-tailed Tattler>

ソリハシシギ <Terek Sandpiper>

タンチョウ
<Red-crowned Crane>

2022年8月15日月曜日

220815_落石ネイチャークルーズの予約状況

 【落石ネイチャークルーズの予約状況について】

<2022/8/15現在>

根室の夏の海鳥シーズンも終盤。
エトピリカやチシマウガラスを見るならぜひ。ラッコも見られています。
漁船の手配の関係上1日1便<12:00~14:30>になっております。
空き状況を確認していただきご予約いただければと思います。

エトピリカ <Tufted Puffin>

落石ネイチャークルーズ <Ochiishi Nature Cruise>

チシマウガラス <Red-faced Cormorant>

ラッコ <Sea Otter>

◆◇ 今後の予約・催行状況について ◇◆ 
※残定員は日々変化しますので、ご自身で最終確認のうえ、各自お申し込みください。

 8/16(火): 残3 
 8/17(水):
 8/18(木): 残7
 8/19(金): 残5

 8/20(土): あと4名で運航
 8/21(日): 
 8/22(月): 
 8/23(火): 
 8/24(水): あと4名で運航
 8/25(木): 満員
 8/26(金): 

 8/27(土): 
 8/28(日): 
 8/29(月): あと3名で運航 
 8/30(火): 
 8/31(水):
 9/1(木): あと4名で運航
 9/2(金): 

 9/3(土): あと2名で運航 
 9/4(日): 

 9/18(日): あと3名で運航
 9/23(金): 満員

 9/24(土): あと3名で運航
 9/25(日): あと4名で運航
 
 ※上記に残数の記載のない日も最少催行人数5名を満たせば運航
 ※もしくは、5名分の料金を支払う場合運航

<ご予約・お問合せはコチラ>
 落石ネイチャークルーズ協議会エトピリ館: 0153-27-2772
 http://www.ochiishi-cruising.com/ 

<乗船案内>
 ■完全予約制: 3日前までにご予約下さい。
   <運航が決まっていて空きがある場合は当日も可>
 ■定 員 : 10名   ※乗務員2名で運航します
 ■最少催行人数: 5名 
 ★運 行 日 : 1日1便 
 ★運行時間: 12:00~14:30 
  ※漁船の手配の関係上1日1便になっております
  ※天候や漁、ツアーの状況によって変更になる場合があります
  
 ■料 金 : 大人(中学生以上) 8,000円
        小学生(5年生以上) 5,000円 
 
※料金の一部は、「落石うみどり基金」として保護・調査研究活動に助成します。

落石ネイチャークルーズは、この海を知り尽くした現役の漁師、現役の漁船で
運航しておりますが、なお一層の安全運航に努めてまいります。

エトピリカ若鳥 <Tufted Puffin>

ケイマフリ <Spectacled Guillemot>

ユルリ島 <Yururi island>



220813_風蓮湖西部

【風蓮湖西部(糸氏ほか)で見られた主な野鳥】

<2022/8/13現在>

大潮で満潮までじっくりシギ・チドリ類を観察しようと思っていたら
ハヤブサが何度も群れに突っ込み潮が満ちてくる前にまとまらなくなってしまいました。
干潟には足跡がいっぱい。

シギ・チドリ類の群れ
<Flocks of snipe and plover>

ソリハシシギ <Terek Sandpiper>

ハヤブサに追われ飛び立ったシギ・チドリ類の群れ
一部ウミネコ
<Flocks of snipe and plover>

タンチョウの足跡
<Red-crowned Crane tracks>

タンチョウの足跡
<Red-crowned Crane tracks>

シギ・チドリ類の足跡
<Footprints of shorebirds>

ハヤブサに追われ飛び立ったシギ・チドリ類の群れ
<Flocks of snipe and plover>

オジロワシ <White-tailed Eagle>


アオサギ
タンチョウ
アオアシシギ 48
キアシシギ  74
ソリハシシギ
イソシギ
キョウジョシギ 5+
トウネン    114+
ウミネコ
オオセグロカモメ
オジロワシ
ハヤブサ

タンチョウ <Red-crowned Crane>

オジロワシ <White-tailed Eagle>

シギ・チドリ類の群れ
<Flocks of snipe and plover>

タンチョウ
<Red-crowned Crane>
アオサギ <Grey Heron>

2022年8月8日月曜日

220804_根室市南部沼

【根室市牧の内 南部沼周辺の野鳥情報】

<2022/8/4現在>
 
ベニマシコ <Long-tailed Rose Finch>

ノビタキ <Siberian Stonechat>

オオジュリン <Common Reed Bunting>

ウミネコ <Black-tailed Gull>


キジバト
アオサギ
ウミネコ
オオセグロカモメ
トビ
オジロワシ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヒバリ
シマセンニュウ
コヨシキリ
ノビタキ
ハクセキレイ
カワラヒワ
ベニマシコ
オオジュリン

オオジュリン <Common Reed Bunting>

ノビタキ <Siberian Stonechat>

ウミネコ <Black-tailed Gull>


2022年7月26日火曜日

220725_落石ネイチャークルーズPM便

 【落石ネイチャークルーズ PM便で見られた野鳥】

<2022/7/25現在>

落石ネイチャークルーズに乗ってきました。
霧もなく晴天で根室にしては暑いくらいでした。
エトピリカの成鳥と若鳥、ツノメドリの若鳥、カンムリウミスズメ
無事大きくなってきたチシマウガラスなどの野鳥のほか、
ラッコ、ゼニガタアザラシ、カマイルカ、ネズミイルカなども見られました。

落石ネイチャークルーズは、7/26(火)~8/5(金)まで、
船の艤装のため運休です。8/1(月)から8月の以降の予約受付します。

エトピリカ若鳥 <Tufted Puffin>

ツノメドリ若鳥 <Horned Puffin> 

チシマウガラス幼 <Red-faced Cormorant>

カンムリウミスズメ <Japanese Murrelet>

最高の天気に恵まれました

カマイルカ <Pacific White-sided Dolphin>

ヒメウ
チシマウガラス
ウミウ
ウミネコ
オオセグロカモメ
ケイマフリ
カンムリウミスズメ 2
ウトウ
エトピリカ 成1 若1
ツノメドリ 若1
トビ
オジロワシ

ラッコ
ゼニガタアザラシ
カマイルカ
ネズミイルカ

<ほかの日の主な確認情報>
●25日AM便
 エトピリカ成1 ウミスズメ親子
●24日PM便
 エトピリカ成1 ウミスズメ親子 
 アカエリヒレアシシギ ハイイロヒレアシシギ
 フルマカモメ オオミズナギドリ 
 ハイイロミズナギドリ ハシボソミズナギドリ
●24日AM便
 エトピリカ成1若1 クロアシアホウドリ
●22日AM便
 エトピリカ若1 ツノメドリ若1 カンムリウミスズメ

 
落石岬までくっきり見えていました <Cape Ochiishi>

大漁旗と大型の新造船

チシマウガラス
<Red-faced Cormorant>

ゼニガタアザラシ <Harbor Seal>

カンムリウミスズメ <Japanese Murrelet>

ウトウ <Rhinoceros Auklet>