2019年6月30日日曜日

190619_根室市南部沼

【根室市南部沼周辺の野鳥情報】

コヨシキリ、マキノセンニュウ、オオジシギの鳴き声がにぎやかでした。
霧が出ていても朝のバードウォッチングにちょうど良い場所です。

シマセンニュウ
<Middendorff's Grasshopper Warbler>
コヨシキリ
<Black-browed Reed Warbler>

























キジバト
タンチョウ
カッコウ
オオジシギ
ウミネコ
オオセグロカモメ
オジロワシ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヒバリ
ウグイス
マキノセンニュウ
シマセンニュウ
コヨシキリ
ノゴマ
ノビタキ
ハクセキレイ
カワラヒワ
オオジュリン
タンチョウ <Red-crowned Crane>

キツネに食べられた?ウチダザニガニ


2019年6月9日日曜日

190608_根室市別当賀 フレシマ

【根室市別当賀フレシマ周辺で見られた野鳥】

タンチョウはつがいで過ごしていました。足元にはヒナはいない様子。
マキノセンニュウ、エゾセンニュウ、シマセンニュウが見られました。
 MAP⇒ https://goo.gl/maps/1aw1JDgRXaKRV4Bv6
     別当賀駅から約4㎞

タンチョウ <Red-crowned Crane>
タンチョウ <Red-crowned Crane>

ベニマシコ <Long-tailed Rose Finch>

フレシマ(ホロニタイ湿原)<Horonitai fen>
























































キジバト
タンチョウ
ツツドリ
カッコウ
アマツバメ
オオジシギ
オオセグロカモメ
オジロワシ
コゲラ
アカゲラ
ミヤマカケス
ハシブトガラ
ヒガラ
シジュウカラ
ショウドウツバメ
ウグイス
エゾムシクイ
センダイムシクイ
マキノセンニュウ
シマセンニュウ
エゾセンニュウ
ゴジュウカラ
ミソサザイ
コマドリ
ノゴマ
ルリビタキ
ノビタキ
カワラヒワ
ベニマシコ
ウソ
アオジ
オオジュリン

タンチョウのつがい <Red-crowned Crane>

ショウドウツバメ <Sand Martin>

タンチョウ <Red-crowned Crane>

ベニマシコ <Long-tailed Rose Finch>

2019年6月1日土曜日

190601_落石ネイチャークルーズAM便

【落石ネイチャークルーズ_AM便で見られた野鳥】

エトピリカの若鳥が確認されており、そろそろ成鳥も確認できないかと
落石ネイチャークルーズに乗ってきました。
残念ながら、エトピリカは確認できませんでしたが、
ケイマフリやウトウのほか、ラッコの親子などが見られました。
この夏、エトピリカやケイマフリ、ラッコを見に「落石ネイチャークルーズ」に
乗って根室の野生生物を満喫されてはいかがでしょうか。

ケイマフリ <Spectacled Guillemot>

ラッコの親子 <Sea otter>

ウトウ <Rhinoceros Auklet>

落石ネイチャークルーズ <Ochiishi Nature Cruise>

































































オオハム
シロエリオオハム
ウミウ
ヒメウ
チシマウガラス
スズガモ
オジロワシ
ウミネコ
オオセグロカモメ
ケイマフリ
ウトウ
アマツバメ
ハクセキレイ

ラッコ 5頭(親子含む)
ゼニガタアザラシ

<ご予約・お問合せはコチラ>
 落石ネイチャークルーズ協議会エトピリ館: 0153-27-2772

<乗船案内>
 ■完全予約制: 前日の午前中までにご予約下さい。
 ■定 員 : 11名   ※乗務員2名で運航します
 ■最少催行人数: 3名 ※今後変更の可能性あり

 ■運 行 日 : 1日2便
 ■運行時間:午前便: 10:00~12:30※変更になっています
       午後便: 13:00~15:30
  ※天候や漁の状況によって変更になる場合があります
  
 ■料 金 : 大人(中学生以上) 8,000円
        小学生(5年生以上) 5,000円 
  ※料金の一部は、「落石うみどり基金」として保護・調査研究活動に助成します。


ラッコ <Sea ottrer>

ケイマフリ <Spectacled Guillemot>

ケイマフリ <Spectacled Guillemot>
ケイマフリ <Spectacled Guillemot>

ウトウ <Rhinoceros Auklet>

2時間半の海鳥・海獣ウォッチングクルーズ



2019年5月30日木曜日

190530_根室市東梅自然学習林

【根室市東梅自然学習林周辺で見られた野鳥】

森のなかでは、キビタキやムシクイ類のさえずりがにぎやかでした。
東梅岬には、繁殖していないタンチョウが5羽餌を採っていました。

キビタキ <Narcissus Flycatcher>

エゾムシクイ <Sakhalin Leaf Warbler>

タンチョウ <Red-crowned Crane>

















































キジバト
タンチョウ
ツツドリ
カッコウ
ウミネコ
オオセグロカモメ
トビ
オジロワシ
コゲラ
アカゲラ
ハシブトガラ
ヒガラ
シジュウカラ
ウグイス
シマエナガ
エゾムシクイ
センダイムシクイ
オオムシクイ
コヨシキリ
ゴジュウカラ
ミソサザイ
コムクドリ
アカハラ
キビタキ
アオジ

アカゲラ <Great Spotted Woodpecker>
タンチョウ <Red-crowned Crane>

2019年5月29日水曜日

190526_根室市半島東部(桂木・牧の内・歯舞)

【根室半島東部(桂木・牧の内・歯舞)で見られた野鳥】

この日(5/26)は最高気温34℃となりました。
森の方からは、カッコウ、ツツドリの声が響いていました。

オオジシギ <Latham's Snipe>

オオジシギ <Latham's Snipe>

キョウジョシギ <Ruddy Turnstone>

タンチョウとエゾシカ <Red-crowned Crane>

































































キジバト
ヒメウ
ウミウ
タンチョウ
ツツドリ
カッコウ
オオジシギ
キョウジョシギ
ウミネコ
オオセグロカモメ
オジロワシ
アリスイ
コゲラ
アカゲラ
ハシブトガラ
シジュウカラ
ヒバリ
ウグイス
センダイムシクイ
コヨシキリ
ミソサザイ
ノゴマ
ノビタキ
ハクセキレイ
カワラヒワ
ベニマシコ
アオジ
オオジュリン

ノビタキ <Siberian Stonechat>

ヒバリ <Eurasian Skylark>

キョウジョシギ <Ruddy Turnstone>

オジロワシ <White-tailed Sea Eagle>

2019年5月25日土曜日

190520_根室市花咲港

【根室市花咲港で見られた野鳥】

防波堤ではオオセグロカモメが抱卵中。上空でのオオジシギのディスプレイフライトがにぎやか。港内でウトウも見られました。

ウトウ <Rhinoceros Auklet>

オオセグロカモメ <Slaty-backed Gull>

































スズガモ
キジバト
ウミウ
オオジシギ
ウミネコ
オオセグロカモメ
ウトウ
トビ
オジロワシ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヒバリ
ウグイス
ノゴマ
ノビタキ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
アオジ
オオジュリン

オオジシギ <Latham's Snipe>

ウミネコ <Black-tailed Gull>

2019年5月17日金曜日

190517_落石ネイチャークルーズ_落石中学校体験乗船

【落石ネイチャークルーズ_落石中学校体験乗船】

本日の午後(13:30~15:00)は、地元落石中学校の生徒の皆様が
地域学習の一環で落石ネイチャークルーズに体験乗船されました。

全校生徒と教員合わせて2隻で出港しました。
そのうち、3年生の船で案内をさせていただきました
 ⇒修学旅行の時に落石地域のPRを行うそうでその準備の一環もかねて



















海鳥は、ケイマフリやウトウ、ハシボソミズナギドリなどが見られました。
もう一隻の船では、エトピリカの若鳥が2羽確認できました。
<※今季初記録>
ユルリ・モユルリ島の周りでは、ラッコやゼニガタアザラシが見られました。

私のほうからは、海鳥や生き物の生態などを案内させていただきました。
また、船長からこの海域での漁の話などもしていただきました。

生徒たちは、船に酔うこともなく観察や話を聞いてくれ、楽しそうに過ごしていました。
自分たちの暮らす街が雄大な自然に抱かれて暮らしていることを感じてもらえた
のではないかと思います。

オオハムsp.
シノリガモ
ヒメウ
ウミウ
ハシボソミズナギドリ
ハイイロミズナギドリ
ウミネコ
オオセグロカモメ
ウミスズメ
ウミバト
ケイマフリ
ウトウ
エトピリカ 2(若鳥)
オジロワシ
ハシブトガラス
ハクセキレイ

ラッコ
ゼニガタアザラシ