2021年7月18日日曜日

落石ネイチャークルーズの一般向け運航再開のお知らせ

 皆さま、お待たせしました!
【落石ネイチャークルーズの一般向け運航再開のお知らせ】

<2021/7/18現在> <7/23改変>

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、一般向けの『落石ネイチャークルーズ』を運休しておりましたが、このたび運航を再開することとなりました。

エトピリカをはじめとする海鳥や、ラッコ、ゼニガタアザラシなどの海獣類、ユルリ・モユルリ島などの景観を見たい方はぜひご乗船ください。

乗船希望の方は、下記の予約状況を確認していただき、ご自身の健康・行動をしっかりと管理したうえでご予約、ご参加いただきますようよろしくお願いします。

また、協議会が指示する『感染拡大防止対策』には従っていただきますようこちらもよろしくお願いします。
なお、従っていただけない場合は乗船拒否する場合がございます。

◆◇ 今後の予約・催行状況について ◇◆  
※残定員は日々変化しますので、ご自身で最終確認のうえ、各自お申し込みください。 
  
 7/24(土): AM 満員 / PM 満員
 7/25(日): AM 仮1 / PM 
 7/26(月): AM 残1 / PM
 
 7/27(火)~8/5(木)/ 漁準備のため運休
 
 8/6(金): AM / PM

 8/7(土): AM / PM
 8/8(日): AM 仮3 / PM 
 8/9(月): AM / PM
 8/10(火): AM / PM 
 8/11(水): AM / PM
 8/12(木): AM / PM
 8/13(金): AM / PM


 8/14(土): AM 仮2 / PM 仮3
 8/20(金): AM 仮4 / PM 
 8/23(月): AM 仮2 / PM
 8/27(金): AM 仮1 / PM 

 ※上記に残数記載のない日も最少催行人数5名を満たせば運航
 ※もしくは、5名分の料金を支払う場合は運航

<ご予約・お問合せはコチラ>
 落石ネイチャークルーズ協議会エトピリ館: 0153-27-2772

<乗船案内>
 ■完全予約制: 3日前までにご予約下さい。
  <運航が決まっていて空きがある場合は当日も可>
 ■定 員: 10名   ※乗務員2名で運航します
 ■最少催行人数: 5名
 ■運 行 日 : 1日2便
 ■運行時間:午前便: 10:00~12:30
       午後便: 13:00~15:30
  ※天候や漁の状況によって変更になる場合があります
 ■料 金 : 大人(中学生以上) 8,000円
        小学生(5年生以上) 5,000円 
 ※料金の一部は、「落石うみどり基金」として保護・調査研究活動に助成します。








2021年6月14日月曜日

210610_根室市別当賀フレシマ

 【根室市別当賀フレシマで見られた主な野鳥】

<2021/6/10現在>

日本野鳥の会のタンチョウの保護区のあるフレシマ
タンチョウの繁殖はうまくいかなかったのかつがいは草原で過ごしていました。
湿原からは、センニュウ類などの小鳥のさえずりが響いていました。
上空では、オオジシギやアマツバメがにぎやかに飛んでいました。

日本野鳥の会 渡邊野鳥保護区フレシマ

シマセンニュウ <Middendorff's Grasshopper Warbler>

コヨシキリ <Black-browed Reed Warbler>

ノビタキ <Siberian Stonechat>

タンチョウ <Red-crowned Crane>

タンチョウ <Red-crowned Crane>

ベニマシコ <Long-tailed Rose Finch>

オオジシギ <Latham's Snipe>

オオジシギ <Latham's Snipe>

エゾシカ <Ezo Sika Deer>

エゾシカ <Ezo Sika Deer>



スズガモ
キジバト
タンチョウ
アマツバメ
オオジシギ
トビ
コゲラ
アカゲラ
モズ
ハシブトガラ
ヒガラ
ヒバリ
ウグイス
エゾムシクイ
センダイムシクイ
マキノセンニュウ
シマセンニュウ
エゾセンニュウ
コヨシキリ
ゴジュウカラ
ミソサザイ
ノゴマ
ルリビタキ
ハクセキレイ
カワラヒワ
ベニマシコ
アオジ

2021年6月10日木曜日

210610_根室市川口・酪陽

 【根室市川口・酪陽で見られた野鳥】

<2021/6/10現在>

姿は見えないがエゾセンニュウのさえずりがあちらこちらの藪の中から聞こえてきました。
これで夏鳥が勢ぞろい。
風蓮湖ではタンチョウのひながすくすく成長していました。

タンチョウの親子 <Red-crowned Crane>

ヒナもすくすく成長しています
日に3㎝ずつ成長

風蓮湖 <Lake Furen>

コヨシキリ <Black-browed Reed Warbler>

キジバト
アオバト
タンチョウ
ツツドリ
カッコウ
トビ
オジロワシ
コゲラ
アカゲラ
ハシブトガラ
ウグイス
エゾムシクイ
センダイムシクイ
マキノセンニュウ
シマセンニュウ
エゾセンニュウ
コヨシキリ
ゴジュウカラ
ミソサザイ
アカハラ
コマドリ
ノゴマ
ルリビタキ
ノビタキ
キビタキ
ハクセキレイ
カワラヒワ
ベニマシコ
ウソ
アオジ
オオジュリン



2021年6月3日木曜日

210602_根室市牧の内・北方原生花園

 【根室市牧の内・北方原生花園周辺の野鳥情報】

 <2021/6/2現在>

オオジシギのディスプレイフライトがよく見られました。

オオジシギ <Latham's Snipe>

オオジシギ <Latham's Snipe>

オオジシギ <Latham's Snipe>

オオジシギ <Latham's Snipe>

ノビタキ <Siberian Stonechat>

北方原生花園 <Hoppou Natural Flower Garden>

ツツドリ
カッコウ
オオジシギ
トビ
オジロワシ
ヒバリ
ウグイス
エゾムシクイ
センダイムシクイ
ムクドリ
コムクドリ
ノビタキ
ハクセキレイ
カワラヒワ
ベニマシコ
アオジ
オオジュリン

210602_根室市花咲港

【根室市花咲港周辺で見られた野鳥】

 <2021/6/2現在>
 
アマツバメが盛んに飛んでおり、巣材をくわえている個体が多く見られました。

アマツバメ <Pacific Swift>

カッコウ <Eurasian Cuckoo>

アマツバメ <Pacific Swift>

アマツバメ <Pacific Swift>

アオジ <Black-faced Bunting>

ハクセキレイ <White Wagtail>

カッコウ <Eurasian Cuckoo>



スズガモ
クロガモ
キジバト
ヒメウ
ウミウ
カッコウ
アマツバメ
オオジシギ
ウミネコ
オオセグロカモメ
トビ
オジロワシ
ヒバリ
ノゴマ
ノビタキ
ハクセキレイ
カワラヒワ
ベニマシコ
アオジ

2021年5月16日日曜日

210516_根室市友知漁港

 【根室市友知漁港で見られた野鳥】

<2021/5/16現在>

浜の方は南風が強く、シギ・チドリ類は
港の中で採餌や休息していました。

キョウジョシギ <Ruddy Turnstone>

キョウジョシギ <Ruddy Turnstone>

キアシシギ <Grey-tailed Tattler>

メダイチドリ <Lesser Sand Plover>

キアシシギ <Grey-tailed Tattler>
キョウジョシギ <Ruddy Turnstone>

キョウジョシギ <Ruddy Turnstone>

キョウジョシギ <Ruddy Turnstone>



スズガモ
キジバト
メダイチドリ
オオジシギ
キアシシギ
キョウジョシギ 300+
ユリカモメ
ウミネコ
オオセグロカモメ
トビ
オジロワシ
ハクセキレイ



2021年5月12日水曜日

210512_風蓮湖西部 走古丹

 【風蓮湖西部 走古丹周辺で見られた野鳥】

<2021/5/12>

外海側には、ビロードキンクロがいっぱいいました。
走古丹漁港ではコムクドリの群れに出会いました。

ビロードキンクロ <White-winged Scoter>

コムクドリ <Chestnut-cheeked Starling>

タンチョウ <Red-crowned Crane>

キアシシギ <Grey-tailed Tattler>

オジロワシ <White-tailed Sea Eagle>

ハシビロガモ <Northern Shoveler>
ヒドリガモ <Eurasian Wigeon>
オナガガモ <Northern Pintail>

ウミネコ <Black-tailed Gull>

風蓮湖 走古丹先端 <Lake Furen>

風蓮湖 走古丹先端 <Lake Furen>

ヒドリガモ
ハシビロガモ
オナガガモ
コガモ
スズガモ
ビロードキンクロ 100+
クロガモ
ウミアイサ
タンチョウ
キアシシギ
ウミネコ
シロカモメ
オオセグロカモメ
トビ
オジロワシ
ヒバリ
コムクドリ
ノビタキ
ハクセキレイ
カワラヒワ